FC2ブログ

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

レガシィを洗う! 

皆さん、車洗ってますかー???


本日は洗車について。


僕が唯一自分でやってるメンテナンスといえば洗車です。

最初の頃はコイン洗車場にいっても要領がよくわからずてこずりました。

初めてコイン洗車場に行ったその日に

「初めてでわからないんですけどどうしたらいいんですかぁ」

と質問されて適当なことを答えたりもしました。

あのときのアルファロメオの兄ちゃん、ごめん

そんなわけで今日は、基本を忘れないためにも洗車の仕方を

整理してみたいと思います。


だけど自己流なんであまり鵜呑みにしないで下さい。


①濡らす!


 お金があれば洗車機の水洗いコースでやるのが楽チンなんですが

 けちってバケツでくんでせっせとかけます。

 友達と行ったときなんかは水洗いコースを半々で全体を濡らしてます。

 混雑状況を見て決めてます。


②洗う!


 全体を濡らし終えたらシャンプーで洗います。

 シャンプーをバケツなんかに入れてよくあわ立てて使うタイプと

 スポンジに直接とって使うタイプとあります。他にもあるかな?

 今レガシィを洗ってるのは後者です。

 夏の晴れの日なんかは全体を濡らしてもすぐ乾くので、

 乾かないうちに洗える範囲を洗って流す、

 を繰り返すのがベターなようです。

 が、根気が続かないので、水をかけてから乾かないうちに洗う!

 を頑張ってます。


③流す!

 
 一通り洗い終えたらシャンプーを洗い流します。

 これは洗車機の水洗いコースを使います。

 いつもいく洗車場の水洗いコースは3分コースなので、

 2分ぐらいで一通り流して洗えていないところを見つけたら

 一時停止にして再度洗う、という方法でやってます。


④一服!

 ふぅ~、うまい


⑤ふき取る!
 

 全体の水分をふき取ります。

 ふき取り専用のセーム皮ってのを使ってふき取ります。

 雑巾なんかを使うと傷がつくのでやめましょう。


⑥WAX!


 水分をふき取れたらWAXをかけます。

 うす~くかけるのが基本です。厚く塗るとふき取りが大変です。

 うちのレガシィは白なのでWAXがどれぐらい塗れてるのかが

 分かりにくいです。

 円を描くように塗る方法と直線的に塗る方法がよく言われます。

 僕は直線的に塗ってます。風の流れる方向に対して縦、横といった

 感じで塗ってます。最後のほうは挫折して横、横、横の一辺倒です。


⑦一服!


ふぅ~~~、うまい


⑧WAXふき取り!

 WAXが乾いて白くなってきたらふき取ります。WAXの種類によっては

 乾く前にふき取るタイプもあるようです。

 WAXふき取り用のクロスを使いましょう。

 ドアの隙間なんかに水分が残っていてここのタイミングで出てくると

 非常にふき取るのがしんどくなります。

 根気のある人は水分ふき取りで徹底的に拭きましょう。


⑨撮影!


 ピカピカになった愛車をいろんな角度から撮影しましょう


長くなりましたがこんな感じの流れで洗ってます。

時間にして2時間ぐらいでしょうか?

作業の後半ほど疲れとやる気の失せ具合から時間がかかっているように感じます。

最後のほうはうんざりしてきますが、洗い終えたあとのピカピカになった

レガシィを見ているとウットリしてしまいます。

いやぁ、洗車って、ほんとにいいですね。

スポンサーサイト

この記事へのコメント

コメントをお寄せ下さい

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://milanista2007.blog96.fc2.com/tb.php/19-7a456036

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。